gleich zum inhalt springen

お金借りる、その前に

「毎月支払う賃貸料と同じ金額で住宅ローンの返済可能」、「簡単な審査で即時融資」など、身の回りいたるところに金融機関のキャッチフレーズがあふれており、お金を借りることへの心理的抵抗が薄れがちです。一向に景気が好転しない中、金融機関は新規の貸出先確保に苦慮していますが、借りたお金は必ず返済しなければならないという当たり前のことを軽く考えては後悔します。
経済活動が活発で、収入が年を追うごとに着実に増加し雇用も安定していた頃であれば、多少の無理をしてもよほどのアクシデントがない限り返済が滞るケースは少なかったですが、経済環境は一変しており、老舗の大企業や国の内外に進出しているグローバル企業といえども社員の雇用を維持できなくなることも珍しくありません。
借り入れた資金の使途と返済期間の長短に応じ、返済期間中に起こり得るリスクを想定して、そのリスクが現実のものとなったときにどう対応するかをきちんとシュミレーション(http://ninniseiri-hl.com/post.html)し、余裕を見込んだ返済計画が得られて初めて借入れを実行するくらいの慎重さが必要ではないでしょうか。
「お金借りる」その前に、是非このことを考えて欲しいと思います。

pj in 未分類 on 8月 07 2014 » 0 comments
Your Reply:


required


required, (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments