gleich zum inhalt springen

お金が足りなくて

個人であっても企業であっても、お金が足りなくて目的の行動が取れないという場面が規模の大小は問わずありえると言えます。
そのような個人や法人の救済策として銀行や消費者金融業者から借り入れやローン契約を行なうことで一時的な資金を得るという手段がある訳ですが、お金を借りるということは返済時に利息を上乗せさせないといけないということなので、借り入れた金額が大きければ大きいほど返済額も膨らんでしまうということに繋がります。

pj in 未分類 on 3月 26 2014 » 0 comments
Your Reply:


required


required, (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments